mantell.jp ミュージックスクール
TEL:058-214-6316
〒501-1132 岐阜市折立351-1
Eメール:mantell.jp@skydesk.jp

イベントスケジュール


                       [カテゴリーメニュー]  

スケジュール

メディア情報

「咲楽」岐阜版7月号掲載

2012/08/01

カテゴリー名:メディア情報

カトウ タダマサVS Mantell

「名古屋&岐阜」のクリエイティブ対決。
これからのトレンドの発信は地方から・・・今回のお二人はMantell.jpで初めてコラボ。

プロフィール

今回は、Mantell.jpのプランニングでご一緒させていただきましたが、最初は万照さんのような中央でご活躍のミュージシャンがなぜ岐阜でことを起こそうとするのか不思議でした。

私も知人からカトウさんを紹介され、カトウさんのこれまでのワークを見たときこんな凄いクリエーターが東海地方にいるんだな・・・って驚きましたよ。

お互い、地方にいて中央でも活躍してる仲間ですね(笑)

さて、今回のMantell.jpは新しいタイプの音楽教室と聞いていますが、名前が大変印象的ですが?

そうですね、名前は私の万照(mantel)と人(Man)が教える(Tell)を掛け合わせたものなんです。それに.jpはジャズ&ポップスを略しました。私はジャズポップスが専門ですので。

なるほど、おもしろいネーミング。クリエーターの私も参考になります。
でも、岐阜にも音楽教室は結構あるのでは?

もちろん音楽教室は珍しいものではありません。今でも多くの皆様が習っていらっしゃると思いますが、この音楽スクールは他スクールにはない特徴がいくつかあります。
私は、ミュージシャンとして今でも高橋真梨子さんや熱帯ジャズ楽団とともに全国で演奏したり、レコーディングにも参加しています。それと同時にサックス教室を10年やりましたし、昨年度までは大学教授としても教鞭をとっていたのです。

現場のプロと大学教授の両立ですか?・・・それはあまり聞きませんね。

そうかもしれませんね。ミュージシャンとして30年、教授としては6年間携わってきましたが、その両方の立場を経験してきたお蔭で、私独自のカリキュラムを構築ことができたのです。そのカリキュラムは当初は大学生対象でしたが、一般の方でも楽しんで頂けるように練り直しました。

だから、新しいタイプの音楽教室なんですね?

そうです。私の長年のミュージシャン経験と指導経験を元に綿密に練られたカリキュラムになっています。最初はただ「楽器に触ってみたい!」でもいいんです。それがいつの間にか人前で演奏できてる!!っていう仕組みになってます。演奏は人に聴いてもらえばその楽しさは倍増しますから。

そうですね。私も以前バンドをやってましたが、やっぱり人前でやりたいですからね。

そうです。上手になれば人に聴いてもらいたいですからね。その発表の場は例えば市や県とコラボして多くの人たちに聴いてもらえるような仕組み作りも準備しています。

万照さんの顔でゲストに一流ミュージシャンがくるとか?

もちろんです!!
例えばヴォーカルコースであれば高橋真梨子さんの曲をテーマにしてレッスンを行って、発表会は彼女の専属バンドであるヘンリーバンドを岐阜に呼んで生徒さんのバックを務めてもらうとか。私は19年間高橋真梨子さんと一緒に全国で演奏していますからその経験をいろんなところで生かせられると思うんです。

それは面白い。生徒さんの一生の思い出になりますね。
その他には?

やはりプロ志向の若い人たちにも来てほしいですね。

そんなコースもあるんですか?

そうです。「プロ養成コース」ですね。私がすべて直接指導して総合的にバランスのとれたプロミュージシャンを育成します。
そこでは、演奏技術や音楽理論はもちろん、プロミュージシャンのノウハウ、芸能界の仕組みや収入管理も教えますし実際のプロの現場を見学したり、もちろん一流ミュージシャンとの共演もたくさん経験してもらいます。実際に私の指導を受けた生徒がすでにプロミュージシャンとして何人も活動しています。

すでに実績をお持ちなんですね。
そういえば、キッズバンドもプロデュースされていますよね?かなり好評のようですが。

まだ、できたてのバンドで「Gift」といいますが、彼らなかなかやりますよ。

まだ小さいお子さんたちですよね?

はい、現メンバーは9歳〜12歳ですが、レベルはかなり高いですよ。っていうか若いせいか驚く程どんどん上手くなっています。
構想的には、このバンドは中学生までで卒業で高校へ入学したら個々でやりなさい、といった方式でメンバーは固定しません。バンドのみが固定なんです。実力がある子がいればどんどんメンバーに入れます。
将来的には、Gift,Gift2,Gift3…になるかもしれませんね。女の子だけのキッズバンドとかもいい。
活動は今のところ岐阜ベースですが、全国へもどんどん発信していきたいと思っています。未来を担う子供達にもどんどん演奏の楽しさを知って貰いたいと思っています。

岐阜はキッズダンスのレベルが高いと言われてますが、バンドもそうなるといいですね。
スクールの講師の方は?

基本的には東海地区を中心に活動しているプロミュージシャンです。中には私の教え子もいますが、彼らを私のカリキュラムに即して現在訓練していますから、きっと皆様の要望に適したレッスンができると思います。また、児童からお年寄りまで幅広いレッスン内容を準備しています。

お年寄りにはどんな?

「シニアコミュニティコース」というものを作りました。
いわば音楽を使った楽しいコミュニケーション教室です。現役を引退された方々を音楽で元気に、そしてみなさんと交流しながら楽しみましょう!!というコースです。

最後に、これからは、いろんなシーンが地方から発信されるとよく聞きますし、そうでなければと思います。私も地方在住のクリエーターとしていろいろ関わっていくのは、大変楽しくやりがいも感じます。Mantell.jpもその一端を担ってください。期待しています。

ありがとうございます。音楽で岐阜を盛り上げます!!

カトウタダマサ

1962年3月21日生まれ。実家が活版印刷をやっていたため、幼少期の頃からインクの匂いの中で育った根っからのグラフィックマンである。中学でデザイナーになると決め、芸術大学のデザイン科に進み、東京のデザイン事務所と名古屋のデザイン事務所で4年間修行して28歳で「バナナウォーカー」を設立、平成元年に「有限会社バナナウォーカー」として法人化、現在は「株式会社バナナウォーカー2」となり、東海地区の仕事をメインに活動中。
大手代理店、印刷会社、直クライアントとポスター・パンフレット・カタログ、新聞・雑誌広告等の印刷物制作を中心に、幅広く活躍中。グラフィックデザイナー出身ながら、TV-CMの企画・演出やプロモーション映像なども数多く制作している。その作風は、インパクトの強いビジュアル作りや、ポップなデザインには定評がある。特に分野別では、流通系の仕事が多く、セールスプロモーションのプロフェッショナルである。また自分発信の作品として、オリジナル小説も執筆したり、飼っている猫のマンガブログを定期的にアップしている。グラフィックデザイナー、アートディレクター・映像企画・構成・演出、クリエイティブディレクター、プロデューサーなど仕事の立場で役割をかえていきます。

1つ前のページに戻る

Mantell

Copyright (C) mantell.jp. All Rights Reserved.